福岡で出稼ぎした驚きの理由とは

奨学金返済のために福岡で風俗求人に応募した話

女性画像

奨学金を返すために風俗で働く、割とよくある話ですよね。私もそんな一人です。大学を出て地元の会社に就職したのですが、生活費と奨学金の返済に追われる日々にもううんざりでした。趣味を楽しむ余裕もないし、だんだんと病んでいく自分がはっきりと分かるほど。こんな生活を何年も続けたくない……私はある決断をしたんです。福岡で高収入な風俗求人を探す、と。シフトが自由な風俗店で週末だけでも働けたらいいなと考えたわけです。それに私の地元はあまり賑わっていないから、単純に仕事の数も福岡市街地のほうが多いですしね。風俗求人情報サイト「バニラ」というサイトから福岡の歓楽街・中洲で働けるお仕事を探しました。ファッションヘルスやデリヘルなど、一言に風俗といってもたくさんの種類があることに驚きましたし、見たこともないような高収入が得られるお仕事がズラズラと……。そして何より嬉しい誤算もありました。風俗業界には出稼ぎという働き方があるらしくて、遠方から働きに来る人へ向けたサポート体制が整ったお店もあるんだとか。数日間みっちりとスポット勤務をする代わりに交通費の全額支給や宿泊場所の提供があって、確かに出稼ぎって言葉がピッタリだなって思いました。しかしこの出稼ぎは私にとっては本当に助かるんですよね。特に宿泊場所はビジネスホテルを利用するか、最悪ネットカフェかなって思ってたので(笑)。私はたくさんの風俗求人の中から、出稼ぎが優遇されている風俗店を探しました。そして見つけました!交通費支給とマンションタイプのお部屋で寝泊まり可能な風俗店を!業種はデリヘルでした。店舗を持たず、依頼があったお客さんのところへ女の子が向かって性的サービスをするお仕事です。「これなら私にも大丈夫かな?」と思ったのと、想像以上に高収入が得られそうだったので、思い立ったがなんとやらですぐに電話。次の土曜日に面接をしてもらいました。当日待ち合わせ場所で待っていたのは、とても優しそうなおじさま。名刺を頂いたので見てみると店長さんでした。面接はトントンと進み、なんとその場で採用されてしまいました。私が希望するなら今日から研修やお仕事も可能ですと言われ、せっかくなので挑戦してみることに。一通り研修を受けてから待機していると指名が入ったので、車で現地へ送っていただきました。到着したのはラブホテル。お客さんには初めてだということを伝えると、新人さんだったから私を指名したんだとか。ちょっと安心しましたね。一緒にシャワーを浴びたあとはエッチなことをして気持ち良くなってもらおうと、精一杯がんばりました。私も思っていたほど嫌悪感はなく、というか奉仕に徹することが案外向いているみたいです(笑)。お客さんにもご満足いただけて、凄く嬉しかったですね。新人って結構人気があるみたいで、この日だけで4人のお客さんの元へ伺いました。お仕事が終わるとその場でお給料を頂きました。そこには地元の仕事で貰う月給の3分の1ほどの金額が……。たった1日働いただけでこんなに貰えるんだと驚愕しましたよ。その後は毎週のように福岡まで出稼ぎをしてデリヘル嬢を続けています。ちなみに奨学金はとっくに返済完了しましたよ。なぜデリヘル嬢を続けているのかって?高収入が手に入ることも確かに魅力的ですが、喜んでくれるお客さんの顔を見るのがなんだか嬉しいんですよね。案外天職だったのかもしれないです(笑)。思い切って風俗求人に応募して本当によかったって思っています。